• キャリアエントリー
  • 新卒エントリー

社員インタビュー

Q.アセットガーディアン(株)入社のきっかけと決め手は?

アセットガーディアンに入社する前は証券会社に勤めていました。
以前から地元のファイナンシャルプランナーを対象とした勉強会で社内の人と知り合っていたのですが、ある時、出店に伴い人材を募集していると声をかけていただきました。
当時の私は、株式や債券、投資信託の販売目標に追われていたので、「人を儲けさせる」のではなく「人や財産を守る」というアセットガーディアンの仕事に惹かれたのが入社の決め手です。
入社当初は保険deあんしん館に配属され、生命保険を中心に取り扱っていました。
その後、アセットガーディアンの弱点であった損保営業の構築を任されるにあたって、研修のため損害保険会社へ6ヶ月間出向していました。
今はファイナンシャルコンサルティング事業部にて損害保険の営業や事務に関する業務を担当しています。

Q.今の仕事の内容と、一番のやりがいは?

損害保険の引き受けと事故対応が主な仕事です。
まずは損害保険に入りたい、あるいは入っているけれども見直したいというお客様に現在の状況やご要望を聴くことから始まり、それをふまえたご提案を行います。
そして内容にご満足、ご納得いただけましたら保険を引き受けます。
さらに契約後は事故対応、変更・満期更新手続きなどを、お客様と連絡を取りながら関わっていきます。
損害保険各社ごとに商品や補償内容が異なりますので、お客様が求めていた内容に当てはまる商品を探し出して提供できたときや、事故対応の際にお客様と保険会社の間に入って保険金の支払いがスムーズに進んだときは嬉しく思います。一番のやりがいですね。

Q.アセットガーディアン(株)の良さってどんなところ?

情報交換・共有を社内イントラネットの掲示板や日頃の会話の中で気軽にできるところだと思います。
チームで仕事をしていますので、ライバルというよりは共に目標に向かって頑張る仲間という感じです。
また、お客様の業種は幅広く、いろいろな経験を積むことができるうえに、お客様から教わることが多くあります。
生命保険などに詳しいメンバーと一緒に訪問・提案することもあり、自分の専門分野だけではカバーできないことも、代理店内で協力し合ってお客様のお役に立てるよう努めています。

Q.最近、ハマっている事は何ですか?

損害保険の代理店で構成される業界団体に加入しています。
業界の大先輩や自分より若くてもいろいろ新しいことに取り組んでいる方達からたくさんの刺激を受けています。
何か調べ物をするときは保険会社への問い合わせに加えて、お互いに代理店目線での情報交換ができることは大変心強いものがあります。勉強会だけではなく、業界の発展のための調査・提言、広報活動も行っています。
勿論このような活動は業務時間外に、同じ志を持っている人たちがボランティアで行っているものです。
これらの活動を通して、社内は当然のこと、業界全体が良くなることを考えながら日々を過ごしています。

Q.入社を考えている方へ一言。

損害保険は一人ひとりの契約者から少しずつ集めたお金を、事故に遭った方に支払うという仕組みで成り立っていて、社会性・公共性の高い仕事です。そのため保険は「販売」ではなく「募集」と言います。
東日本大震災では主に東北地方の代理店が自ら被災しながらも、地震保険の支払い手続きに奔走されました。
お客様と直接の接点を持つ代理店の役割が大変評価されたことは記憶に新しいところです。
お客様から選ばれる代理店、募集人を目指して研鑽を続けられる方が入社されて、共に働くことを楽しみにしています。

人と企業をストーリーでつなぐ LISTEN【リスン】にて、紹介されました。